GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

DSCHUNGEL WIEN Spielzeit 2017/18

子供劇場「ジャングル・ヴィーン」の新シーズン2017/2018のプログラムが発表された。モットーは「誰が世界を救うのか」。

gekkan-wien 20170905dschungel1

gekkan-wien 20170905dschungel2

gekkan-wien 20170905dschungel3

PageTop

Salzburger Festspiele „Der Jedermann“

来年夏のザルツブルク・フェストシュピーレ「イェーダーマン」の主役が紹介された。

gekkan-wien salz1_3794
Festspielpräsidentin Helga Rabl-Stadler

gekkan-wien salz2_3792
Markus Hinterhäuser, Intendant

gekkan-wien salz3_3805
Bettina Hering, Leitung Schauspiel

gekkan-wien salz4_3811
Tobias Moretti

gekkan-wien salz5_3834
Stefanie Reinsperger

PageTop

ImPulsTanz

 夏恒例のウィーン国際ダンス祭「イムプルス・タンツ」2015のプログラムが公開発表された。詳細次号。

gekkan-wienImpulst.jpg

PageTop

Akemi Takeya ダンスパフォーマンス

ウィーン在住ダンサー竹谷明美 Akemi Takeya のコンセプト、ディレクション、テキスト(英語)で「(anti)*Clockise」が9月11日と12日にカーベルヴェルク Palais Kabelwerk で公演された。プレミエは既に今年のイムプルス・タンツで公開されている。
振り付けとパフォーマンスは、竹谷明美、ニコレッタ・コルコス、ヴェロニカ・ツォット。

gekkan-wienTakeya1.jpg
PageTop

ヤング・ディレクターズ・プロジェクト

ザルツブルク祝祭 Salzburger Festspiele とモンブラン社が2002年から共催している「ヤング・ディレクターズ・プロジェクト」の2013年版が発表された。今年は英国、ドイツ、イラク(ベルギー在住)、チェコから若き演出家たちが招かれた。選考委員長はザルツブルク祝祭の演劇監督スヴェン=エリック・ベヒトルフで、8月21日にベスト演出賞の授賞式が行われる。

gekkan-wienSalzburg.jpg
Sven-Eric Bechtolf/Mokhallad Rasem(イラク)/Helga Rabl-Stadler/Jan Mikulasek(チェコ)/Ingrid Roosen-Trinks

PageTop

オペラ座舞踏会Opernball 準備着々

カーニヴァルシーズンの最後を飾る恒例のシュターツオーパーの舞踏会「オーパンバル」が今年は2月16日に開催される。今日は2012年のポスターとそのデザイナー、デビュッタントの振付師、デビュッタント男性のためのカフスボタンが、ケルントナー通りのカジノで紹介された(詳細「月刊ウィーン」2月号)。

gekkan-wienBall03.jpg
PageTop

イムプルス・タンツ

夏恒例の「イムプルス・タンツ ImPuls Tanz」が今年も大成功のうちに幕を閉じようとしている(詳細9月号)。

gekkan-wien_impulstanz9170.jpg

PageTop

イムプルス・タンツ

ウィーンの夏恒例の国際ダンス祭「イムプルス・タンツ」ImPulsTanz-Vienna International Dance Festival が明日から開幕(7月のプログラムは月刊ウィーン7月号参照)。
大人気の Akram Khan Company (英) "Vertical Road" は7月29日21時の追加公演が決まった。

gekkanwien LewisTerence JHOOM01#169;TLCDC
Terence Lewis Contemporary Dance Company: Jhoom © TLCDC

gekkanwien LaLaLaHumanSteps NewWork02#169;EdouardLock
La La La Human Steps / Édouard Lock: New Work by Édouard Lock © Édouard Lock

PageTop

天守物語&大田楽

 民族学博物館で昨晩と今晩、日本オーストリア交流年2009のイヴェントとして『天守物語』と『大田楽』が公演された。楽劇『天守物語』は、原作が泉鏡花の最高傑作と言われる作品だが、その美しい日本語に魅せられて女優の松坂慶子 Keiko Matsuzaka さんがライフワークとしている朗読芝居である。大人のメルヒェンのような幻想的で怪奇的な物語が、稲葉明博 Akinori Inaba さんの笛など吹奏楽器と友吉鶴心 Kakusin Tomoyoshi さんの太鼓など打楽器の効果的な演奏で、緊張感をもって演じられる。中央に獅子像が置かれただけの簡素でコンパクトな舞台だが、場面ごとに美しい衣装で登場する主演の松坂さんと、脇を固める野村万蔵 Manzo Nomura さんや山下晃彦 Akihiko Yamashita さん、菅原香織 Kaori Sugawara さん、 松田一亨 Kazuaki Matsuda さんたち のまさにプロフェッショナルな演技によって、舞台には色彩に満ちた華やかさが漂った。観客から大喝采を浴びた後、第二部の中世芸能『大田楽』が始まった。これは野村万蔵さんの兄、故野村万之丞さんの創作である。狭い舞台には上りきれないほどの踊り手が派手な色の衣装でエネルギッシュに舞う。その中には特訓を受けたウィーン在留邦人10名がいて、編み笠を深く被っているため顔の判別が出来なかったが、掛け声も勇ましく元気に踊っていた。『大田楽』はどこで公演するにしても必ず現地の人が出演するとのことだ。主たる楽器は横笛で、最初から最後までフォルテッシモ。庶民エネルギーが炸裂するようなリズムと躍動に満ち溢れ、おおいに楽しんだ様子の観客から強い拍手が沸き起こった。
 ウィーンにいると世界一流のオペラやコンサートを最高の会場で生で鑑賞できる機会に恵まれるため、観客も本物志向が強い。今回の公演の会場となった民族学博物館の正面ホールは、天井が高く壁も床も柱も本物の大理石なので音が硬く響くため、せっかく美しく発声した日本語も語尾が残響で聞き取りにくいという欠点があったものの、その反面、弱い音もよく響き渡り、松坂さんのささやくような歌声がとてもきれいに流れた。月刊ウィーン8月号に掲載された公演の案内で知って見に来たという多くのウィーン在留邦人やオーストリア人から「期待した以上の美しさと迫力」「演技がすばらしい」「生の醍醐味を味わえた」「カラフルできれいでとても楽しかった」「明るくて元気になった」「また見たい」と満足そうな感想を聞くことが出来た。

PageTop

天守物語&大田楽 記者会見

 王宮の民族学博物館 Museum für Völkerkunde で明日8月28日と29日の19時から、楽劇『天守物語』(松坂慶子 Keiko Matsuzaka 主演)と『大田楽』(野村万蔵 Manzo Nomura 主演)が公演される。これに先立ち今日、記者会見があった。≪日本オーストリア交流年2009≫イヴェントのひとつで、和泉流狂言方の野村萬 Man Nomura (人間国宝)を会長とするNPO法人ACT.JTがオーガナイズした

PageTop

アンサンブル劇場「屋根裏」

 ペーター教会横のアンサンブル劇場 Ensemble Theater燐光群の「屋根裏」を鑑賞した(*1月23日付の記事参照)。劇場の入口は狭く、扉を押し開けるとぱっと明るく温かく、外とはまるで違う世界が広がる。こういうところが非常にウィーン的である。階段を下りると奥のほうにクロークがあり、更にまた階段を下りるとバーがあり、劇場はその横にある。中がこんなふうになっているとは外からは想像できないだろう。
 屋根裏といえば最近のウィーンでは居心地のよいお洒落なフラットとして若いリッチな層を中心に人気がある住居だが、過去にいくつもの賞を受けたこの演劇「屋根裏」は、上部が斜めに傾いた箱状の個室「屋根裏キット」の中で繰り広げられる多数の場面と状況を扱っている。それらは今の日本の社会問題を浮き彫りにするもので、時には可笑しく、時には不気味である。テンポのある言葉のやり取りが面白く、23場面の登場人物を俳優たちは1人で何役か掛け持ちするが、違和感はない。

写真は公演後バーに居合わせた出演者のうち5名の俳優の方々、最年少の観客(前列右から二人目)、月刊ウィーンを手にしたマネージャーの古本道広 Michihiro Furumoto さん(後列中央)。出演した女優の樋尾麻衣子 Maiko Hio さんのお兄さんはウィーン在住のピアニスト。

PageTop

劇団燐光群のウィーン公演「屋根裏」

 日本の演劇集団「燐光群 Rinkogun」が1月28日から30日まで、ウィーンのアンサンブル劇場 Ensenble Theaterで同劇団のヒット作「屋根裏 Yaneura」を公演する。劇団側の資料によると:
 『屋根裏』は2002 年に初演し、再演を繰り返してきた燐光群の代表作のひとつです。作・演出の坂手洋二は本作にて第54回読売文学賞、第10回読売演劇大賞最優秀演出家賞、紀伊國屋演劇個人賞を受賞。2005年にアメリカ3都市ツアー、2008年にパリ・フランクフルト公演を行い、国内外でその高い評価を確実なものにしています。本年1月~3 月には、ウィーン・ブカレスト・東京で上演する予定です。
 ……誰が発明したのか、世間から「ひきこもり」とされる人々が、それぞれ自ら閉じ籠もるための「パッケージ空間」である「屋根裏」が、商品として、秘密情報による譲渡の対象として、世間に流通しはじめる。それぞれの「屋根裏」の極小空間から発信されるメッセージ、呼応しあうように起きる事件の数々……。その「屋根裏」に引きこもる者たちどうしの奇妙な連帯感。「屋根裏」発明者を探索する男。そして巻き起こる、さまざまな場所での、それぞれの「事件」……。
Ensenble Theater, Petersplatz 1, 1010 Wien (グラーベンのペーター教会横)tel.5332039
「屋根裏」公演(日本語 ドイツ語字幕付) 1月28日~30日 19:45

PageTop