GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Bühne Burgenland | Festivals 2017

ウィーンの隣州ブルゲンラントでこの夏に開催されるイヴェントの数々「フェスティヴァル2017」が紹介された。プログラム詳細7月&8月合併号。

gekkan-wien burgenland1_9012

gekkan-wien burgenland2_9007
ブルゲンラント州知事

gekkan-wien burgenland3_9009
Liszt Festival Raiding ピアニストのクトロヴァッツ兄弟

PageTop

Wiener Konzerthaus

コンツェルトハウスの新シーズン2017/18のプログラムが発表され、予約プログラムの発売がスタートした。2020年のベートーヴェン生誕250年を前にシーズン2017/18はベートーヴェンの全ての交響曲と弦楽四重奏曲を、そしてマーラーの八番を除くすべての交響曲を演奏する。詳細次号。

gekkan-wien kh_8244

PageTop

Utau Daiku in Wien

東日本大震災復興支援プロジェクトの第4回「歌う第九 in ウィーン」が楽友協会で開催された。日本からの合唱団170名とウィーンの合唱団100名が合流し、ウィーン少年合唱団が加わり、ソリストに吉田珠代、マリアナ・リポヴシェク、ジョン・健・ヌッツォ、ヴォルフガング・バンクルを迎えて、ウィーン室内オーケストラ/ゲラルト・ヴィルト指揮で、ベートーヴェンの交響曲第9番が熱演され、満席の会場から盛大な拍手喝采が沸き起こった。

gekkan-wien daiku1_7613

gekkan-wien daiku2_7611

gekkan-wien daiku3_7581

gekkan-wien daiku4_7570

gekkan-wien daiku5_7567

gekkan-wien daiku6_7565

gekkan-wien daiku7_7557

PageTop

KOSMOS BERNSTEIN

佐渡裕さんが首席指揮者を務めるトーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒ(略称トーンキュンストラー)の新シーズン(2017/2018)のプログラムが発表された。テーマは「コスモス・バーンスタイン」。2018年はレナード・バーンスタイン生誕100年にあたる。佐渡裕さんはバーンスタイのアシスタントとして1988年から1990年までウィーンで過ごした。110年の歴史を持つトーンキュンストラーが初めて、年間プログラムに1つのメインテーマを持つ。詳細次号。

gekkan-wien tonk1_7505
           Yutaka Sado, Chefdirigent   Frank Druschel, Geschäftsführer

gekkan-wien tonk2_7489

gekkan-wien tonk3_7482
Martin Först, stellvertretender Solocellist

gekkan-wien tonk4_7483
Ute van der Sanden, Dramaturgie

gekkan-wien tonk5_7503
日本で行われた1万人の第九コンサートにオーストリアから30人が初参加した。

PageTop

KS Anna Netrebko

歌手のアンナ・ネトレプコがオーストリア宮廷歌手となった。シュターツオーパーで式典があり、オペラ座のディレクターがネトレプコの履歴を紹介し、文化大臣から表彰状を受け取ったのち、ネトレプコはドイツ語で感謝のスピーチを行った。

gekkan-wien KS1_6740

gekkan-wien KS2_6731
Dominique Meyerディレクター     KS Anna Netrebko     Thomas Drozda文化大臣

gekkan-wien KS3_6734

PageTop

Volksoper: Das Wunder der Heliane

エーリッヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)生誕120周年と後期ロマン派オペラ「ヘリアーネの奇跡」初演90周年を記念し、フォルクスオーパーで初めて演奏される。コンサート形式であるが、女性歌手の舞台衣装はデザイナー、マルコス・バレンズエラが制作。指揮はジャック・ファン・ステーン。アンネマリー・クレマー(ヘリアーネ)、ダニエル・キルヒ(フレムデ)など。

gekkan-wien heliane2_6177

gekkan-wien heliane1_6178

PageTop

Volksoper: Carmina Brana

フォルクスオーパーのバレエ「カルミナ・ブラーナ」は、3本立てで、第1部「牧神の午後」「ボレロ」、第2部「カルミナ・ブラーナ」。第2部はフォルクスオーパー合唱団、児童合唱団、歌手(ソプラノ、テノール、バリトン)も出演。休憩時間中に楽器替えがあり、チェレスタ1台とピアノ2台も追加され、舞台もオケピットも満杯状態で迫力を増す。

gekkan-wien Ensemble(c)_Elisabeth_Bolius
Foto (c)Elisabeth Bolius

gekkan-wien volks_5625

PageTop

Harmonium

フォルクスオーパーで1月28日にプレミエとなるコルンゴールトのオペラ(コンサート形式)「ヘリアーネの奇跡」で、ウィーンで120年ほど前に制作されたハーモニウムが使われる。演奏するのはウィーン在住ピアニストの三辻ランデル宏美さん。フォルクスオーパー稽古場での練習風景を取材した。なお同オペラにはフォルクスオーパー専属歌手の平野和さんも出演する。今年は作曲家エーリッヒ・ヴォルフガング・コルンゴールト生誕120周年とオペラ「ヘリアーネの奇跡」初演90周年。

gekkan-wien harmonium1_5367

gekkan-wien harmonium2_5365

gekkan-wien harmonium3_5374

PageTop

Klimt Villa Wien

世紀末の画家グスタフ・クリムトの最後のアトリエ「クリムト・ヴィラ」で今年最後の室内コンサートが開催され、ヨハン・シュトラウス、フランツ・レハール、レオ・ファール、ロベルト・シュトルツ、エムリッヒ・カルマン、オスカー・シュトラウスなどの曲が歌われた。

gekkan-wien klimtvilla1_5137
Hiromi Mitsuji-Landerl, Klavier   Wonjong Lee, Tenor   Gabriele Rösel, Sopran

gekkan-wien klimtvilla2_5157
                         Wilhelm Rasinger, Klimt Villa Wien

gekkan-wien klimtvllia3_5183

gekkan-wien klimtvilla4_5202

gekkan-wien klimtvilla5_5218

gekkan-wien klimtvilla6_5223

gekkan-wien klimtvilla7_5170
左:オスカー・シュトラウスのお孫さん

PageTop

Tonkünstler/Jun Märkl/Makoto Ozone

トーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒの定期演奏会でジュン・メルクルの指揮により、リスト「プレリュード」、シュトラウス「ドン・ファン」「死と変容」、さらにジャズピアニスト小曾根真がラフマニノフ「パガニーニの主題によるラプソディー」を演奏し熱狂的な喝采を受けた。

gekkan-wien Märkl_Jun_(c)_Christiane_Höhne
Märkl_Jun_(c)_Christiane_Höhne

gekkan-wien Ozone_Makoto_(c)_Shumpei_Ohsugi
Ozone_Makoto_(c)_Shumpei_Ohsugi.jpg

PageTop

Theater an der Wien: Macbeth

テアター・アン・デア・ヴィーンで上演中のヴェルディのオペラ「マクベス」は、ローランド・ガイア―(演出)、ヨハネス・ライアッカ―(舞台)、ベルトラン・キリー(照明)、ダヴィド・ハネケ(ビデオ)で、ウィーン交響楽団/ベルトラン・ド・ビリー指揮/アーノルト・.シェーンベルク合唱団(E.オルトナー指揮)。1865年版(ロベルト・フロンターリとアディ―ナ・アーロン主演11月11日プレミエ)と、1865年版フィナーレ1847年(プラシド・ドミンゴとダニエラ・ロドリゲス主演11月13日プレミエ)の2つの公演バージョンがある。

gekkan-wien MACBETH 1050659©HerwigPrammer
Roberto Frontali (Macbeth), Adina Aaron (Lady Macbeth)

gekkan-wien MACBETH 1000328©HerwigPrammer
Roberto Frontali (Macbeth), Arnold Schoenberg Chor

gekkan-wien MACBETH 1050826©HerwigPrammer
Adina Aaron (Lady Macbeth), Stefan Kocan (Banco), Arnold Schoenberg Chor
Fotos: ©HerwigPrammer

PageTop

Grafenegg 2017

夏のクラシック音楽祭「グラフェネック」の2017年プログラムが発表された。サマーコンサートの初日は6月22日と23日「夏の夜のガラ」。佐渡裕指揮/トーンキュンストラー・オーケストラ/ドミトリ・フヴォロストヴスキ(バリトン)など出演。演奏後は花火が打ち上げられる。グラフェネック・フェスティヴァルのオープニングは8月18日で佐渡裕指揮/トーンキュンストラー・オーケストラ、オペラ歌手による「魔弾の射手」。

gekkan-wien grafenegg1_3766
Paul Gessl, Geschäftsführer     Erwin Pröll, Landeshauptmann von Niederösterreich

gekkan-wien grafenegg2_3780
Rudolf Buchbinder, Künstlerischer Leiter Grafenegg

gekkan-wien gragfenegg3_3786

gekkan-wien grafenegg4_3790

PageTop

Hoffmanns Erzählungen in Volksoper

カラフルで濃厚な舞台で知られるルノー・ドゥーセ(演出と振付)&アンドレ・バーべ(舞台と衣装)のコンビによるジャック・オッフェンバックのオペラ「ホフマン物語」のプレミエがフォルクスオーパーであった。指揮はゲリット・プリースニッツ。主役のミルコ・ロシュコヴスキ、オリンピア役のベアーテ・リッターが際立った。

gekkan-wien hoffmann_klein
Hoffmann:Mirko Roschkowski

gekkan-wien hoffmann
Olympia:Beate Ritter

gekkan-wien Hoffmann-2562_Web

PageTop

SCHIKANEDER in Raimund Theater

ライムント劇場で9月30日世界プレミエのミュージカル「シカネーダー」を観劇した。オペラ「魔笛」の台本作家で、舞台俳優、歌手、監督、詩人であり、劇場支配人のエマヌエル・シカネーダーと、妻の舞台俳優で後に劇場支配人となるエレオノレの、愛憎渦巻く劇場人生の物語である。ザルツブルクで知り合った二人が結婚し、浮気し、不倫し、やがてウィーンで劇場再建のために、憎みあいながらもビジネスと割り切って協力し、「魔笛」上演の成功とともに最後は仲直りするというハッピーエンド。「魔笛」上演を前に劇団員がいがみ合うと、そこにモーツァルトの「魔笛」の中の音楽が流れて、皆の心がなだめられ、落ち着くシーンがある。客席で聞いても改めて素晴らしい音楽だと感じる。シカネーダーが新しい構想で書き上げた台本「魔笛」なしに、モーツァルトのオペラ「魔笛」は成立しなかったし、エレオノレがいなければウィーンで「魔笛」初演はなかった。
作曲と歌詞 Stephen Schwartz  台本 Christian Struppeck  演出 Trevor Nunn

gekkan-wien 4730
エレオノレ・シカネーダー Milica Jovanovic    エマヌエル・シカネーダー Mark Seibert  

gekkan-wien 4809_schikaneder2016_06

gekkan-wien 4816_schikaneder2016_14
Szenenbilder SCHIKANEDER (c)VBW/Deen van Meer 2016

PageTop

Pacific Quartet Vienna

ウィーンを中心に活動する弦楽四重奏団パシフィック・カルテット・ウィーンが、アルテス・ラートハウス(旧市庁舎)のバロックホールでコンサートを開催した。昨年ウィーンで開催された第6回ヨーゼフ・ハイドン国際室内楽コンクールで第1位となった同楽団は、ウィーン国立音大ヨハネス・マイスル教授の門下生で構成、2006年に創立された。

gekkan-wien pacific1_3504
Yuta Takase, Violine  Chin-Ting Huang, Bratsche  Ester Major, Violine  Sarah Weilenmann Margulies, Cello

gekkan-wien pacific2_3516

PageTop