GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える      現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Elefanten im Tiergarten Schönbrunn

連日35℃以上の猛暑が続くウィーン。シェーンブルン動物園のゾウたちも、暑さに慣れているとはいえ新しいプールで水浴びをして涼をとっている。写真は昨年ドイツから来た水浴好きの Shaka♂ 。14歳の Mongu♀の水浴びは8月1日と2日の13時に見学できる。その他の日時の水浴びタイムは不規則。

gekkan-wien PA_Badebecken1

gekkan-wien PA_Badebecken3
Fotos: Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop

Tiergarten Schönbrunn

日中35度℃の猛暑のウィーンで動物たちも涼を求めて池やプールに飛びこんでいる。来週からは日中25℃前後になりそうだ。

gekkan-wien PA_Baden_Eisbaer

gekkan-wien PA_Baden_Wasserschwein
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Tiergarten Schönbrunn

フクロウ(梟)はオーストリアで絶滅の危機にある。スイスから空輸されたフクロウの若鳥2羽が、ウィーン獣医大学の研究者によって、ウィーンの森に放たれた。同時にシェーンブルン動物園のフクロウ3羽も放たれた。今年は合計30羽が野生に戻される。

gekkan-wien PA_Habichtskauz1
Foto: Daniel Zupanc

gekkan-wien PA_Habichtskauz2
Foto: Vetmeduni Vienna/Georg Mair

gekkan-wien PA_Habichtskauz3
Projektleiter Richard Zink und Tierpflegerin Regina Riegler
Foto: Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop

Luchs-Zwillinge

シェーンブルン動物園で5月3日に生まれたルクス(オオヤマネコ)の双子が人前デビュー。

gekkan-wien PA_Luchs1

gekkan-wien PA_Luchs2
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Piotr aus dem Zoo Moskau

シェーンブルン動物園にモスクワ動物園から2歳のアムールヒョウ(アムールレオパード)「ピョートル♂」が到着した。1年前にシェーンブルン動物園に来たイーダ♀のパートナーとなり、将来の繁殖が期待される。アムールヒョウは絶滅の危機に瀕した動物で、極東ロシアのアムール地帯の森林に2007年に25の個体が確認されている。

gekkan-wien PA_Piotr1

gekkan-wien PA_Piotr2

gekkan-wien PA_Piotr3
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Giraffenpark / Schönbrunn

ユネスコ世界文化遺産に登録されているシェーンブルン動物園のキリン舎が文化財保護に則った2年半にわたる改装工事を終え5月10日にオープンした。詳細6月号。

gekkan-wien giraff1_9108

gekkan-wien giraff2_9232

gekkan-wien giraff3_9133

gekkan-wien giraff4_9172

gekkan-wien giraff5_9162

gekkan-wien giraff6_9238

PageTop

25 Jahre Schönbrunner Tiergarten

シェーンブルン動物園が民営化され25年たった。ヨーロッパで経済的に成功しているベスト動物園の一つでもある。動物園自体は今年265年を迎え、その歴史を描いたコミックが作られた。

gekkan-wien tier1
写真向かって右から2人目がイラストレーター Milan Ilic, Zeichner Zoo-Comics

gekkan-wien tier2
Dagmar Schratter, Tiergartendirektorin

gekkan-wien tier3
Reinhold Mitterlehner, Vizekanzler und Wirtschaftsminister

gekkan-wien tier4
Wolfgang Schüssel, Aufsichtsratsvorsitzender

gekkan-wien tier5

PageTop

Fu Feng ♀ & Fu Ban ♂

シェーンブルン動物園で約3ヶ月前に生まれた雌雄の双子パンダの名前が選ばれた。

gekkan-wien PA_Pandazwillinge_Namen2
Foto: Daniel Zupanc            ♀          ♂

PageTop

Königspinguin-Küken

シェーンブルン動物園で今年8月30日に孵化したキングペンギンの雛が、その後も両親の足の上で成長している。コウテイペンギンに次いて大きいキングペンギンは、巣は作らず、オスとメスが交代で卵を足の上にのせ、お腹のたるみの中で温める。

gekkan-wien PA_Königspinguin1

gekkan-wien PA_Königspinguin2
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Pandazwillinge im Tiergarten

シェーンブルン動物園で1か月前に生まれた双子のパンダの性別が分かった。メスとオスで、生まれたときは10cm・100gだったが、9月4日現在で35cm・1kgに成長した。パンダは生後100日が生命のヤマ場なので、それが過ぎないと名前を付けないという中国の伝統に従う。パンダは中国籍で中国から貸し出されているため、名前を付けるにも中国の契約先の許可が必要。

gekkan-wien PA_Pandazwillinge_Geschlecht1

gekkan-wien PA_Pandazwillinge_Geschlecht2

PageTop

Panda-Zwillinge

シェーンブルン動物園で8月7日、パンダのヤン・ヤンに双子が産まれた。

gekkan-wien PA_Pandazwillinge1

gekkan-wien PA_Pandazwillinge2

PageTop

Red Panda Network

シェーンブルン動物園では絶滅の危機にあるレッドパンダ(赤パンダまたは小パンダともいう)を保護するための新しいプロジェクト《レッドパンダ・ネットワーク》をサポート。笹を常食とするレッドパンダはネパール、ブータン、ビルマ、中国とインドの一部に生息するが、森林伐採により過去18年間で半減してしまった。シェーンブルン動物園にはレッドパンダのペア、メスの「マハリア」とオスの「ミケ」がいる。なお日本では「価値の低い、劣る」パンダという意味のレッサーパンダと呼ぶ人もいる。

gekkan-wien PA_Pandaschutz1

gekkan-wien PA_Pandaschutz2
Fotos (Weibchen Mahalia im Tiergarten Schönbrunn) : Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop

Leopard

シェーンブルン動物園にいるメスのレオパード「イーダ」は2015年1月26日チェコ生まれ。

gekkan-wien PA_Leopard1

gekkan-wien PA_Leopard2
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Felsenpinguinen

シェーンブルン動物園で4月中旬に6羽が産まれ、そのうちの4羽がデビューした。ヨーロッパの動物園には合計98羽のイワトビペンギンが飼育されているが、そのうち48羽がシェーンブルン動物園にいる。

gekkan-wien gekkan-wien PA_Felsenpinguin4

gekkan-wien gekkan-wien PA_Felsenpinguin1
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Eurasische Luchsen

赤ちゃんは生後約12日

gekkan-wien PA_Luchsjungtier3

gekkan-wien PA_Luchsjungtier2
Fotos: Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop