GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える      現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Haus der Musik : Mozarts KV 516f

音楽の家 Haus der Musik の「モーツァルトの部屋」に、モーツァルトが1787年にピアノの生徒フランチスカのために作った「音楽のさいころ遊び」《KV516f》を使ったゲーム機が登場(詳細11月号)。
PageTop

Melancholie und Provokation

レオポルト美術館では創立10周年を記念して、『Melancholie und Provokation メランコリーと挑発』を9月23日から1月30日まで開催。初期のエゴン・シーレの作品とシーレの作品に触発された現代アーチスト6人(Rudolf Schwarzkogler, Gunter Brus, Elke Krystufek, Franz Graf, Claudia Bosse, Philipp Gehmacher)の作品を展示。
PageTop

Amazone 成長したアマゾン・オウム

シェーンブルン動物園で孵化したアマゾン・オウムが一般公開されている。今年4月中旬にウィーン国際空港で押収されたアマゾン・オウムの密輸卵45個がシェーンブルン動物園に引き渡され、孵化し、育っていることは7月18日付の当ブログで紹介した。同動物園では動物飼育専門家10人でチームを作り、面倒を見てきた。そのおかげで現在45羽すべて元気にウィーン・デビューとなった。
ジャマイカ・アマゾン23羽(写真上と中)はキリン舎の隣、レッドミラー・アマゾン22羽(写真下)はバード・ハウス入口のところで見られる。写真Fotos :Daniel Zupanc

gekkan-wienTsJamaikamazone1.jpg
PageTop

MozartHaus 女性作曲家シリーズ

モーツァルト時代の女性作曲家の作品を採り上げたコンサートがモーツァルトハウスで開催された。アンドレア・シュヴァープ(メゾソプラノ)さんの歌と解説、細木朝子さんのピアノ伴奏と演奏で、未だよく知られていない女性作曲家の作品を掘り起こし、演奏する「女性作曲家シリーズ」。

gekkan-wienMozarthaus0366.jpg
Asako Hosoki, Klavier      Andrea Schwab, Mezzosopran
PageTop

Leopold Museum レオポルト美術館

 エゴン・シーレやグスタフ・クリムトのコレクションで有名なレオポルト美術館が、今年9月で開設十周年を迎えた。
 眼科医であり収集家、美術館創設者の故ルードルフ・レオポルト博士(1925~2010)が五千点にのぼる美術コレクションで「レオポルト美術館私的財団」を1994年に設立し、このコレクションのために美術館を作り、2001年9月にオープンしたのが現在の「レオポルト美術館」である。美術作品の所蔵は現在5676点、世界最大のエゴン・シーレのコレクションのほか、グスタフ・クリムト、オスカー・ココシュカ、アルビン・エッガー=リエンツなどオーストリアのマイスター作品を有する。この十年で六十以上の特別展を開催し、年間約三十万人の訪問者があり、オープン以来十年間で約330万人が訪れた。クンストハレやMUMOKなどいくつかの美術館が集まる博物館地区MQの中で一番の訪問者数を誇る。
 レオポルト美術館十周年とエゴン・シーレ「ヴァリ」を記念して、特別記念切手30万枚も発行された(1枚62セント)。切手の図柄に使われている「ヴァリ」の絵はレオポルト美術館の目玉ともいえる作品。シーレ自画像と対を成す傑作である(月刊ウィーン9月号のタイトルにも使われている)。ヴァリ・ノイツィル(1889~1917)はクリムトがシーレに紹介したモデルで、多くの作品のモデルとなった。1911年からシーレと同棲、1912年に13区のアトリエに引越して、ヴァリをモデルにした有名な「死と少女」が完成する。だが1915年、シーレは別の女性と結婚する。シーレと別れたヴァリはウィーンで看護士の勉強をし、1917年に志願してダルマチア沿岸の町の軍医療施設に勤務。1917年、猩紅熱で死亡。埋葬地は明らかでない。ヴァリの死を知ったシーレは「男と少女」という題名を「死と少女」に変更した。
 レオポルト美術館ではエゴン・シーレ特別展「メランコリーと挑発」を9月22日から2012年1月9日まで開催した後に、グスタフ・クリムト生誕150年を記念して特別展「クリムト―旅」を企画中。またブダペストでの「エゴン・シーレ」展も計画しているという。

PageTop

Autofrei Tag ノー・カー・デー

明日22日は「ヨーロッパ・ノー・カー・デー Europäischer Autofrei Tag」につき、リング通りの一部が11時から21時まで通行止めとなり歩行者のためだけに解放される。封鎖区間はシュターツオーパー横のオペルンガッセ Operngasse と美術史博物館横のバーベンベルガーシュトラーセ Babenbergerstraße との間。なおオペルンガッセとゲトライデマルクト間は路面電車2番が迂回する。

PageTop

Intime Zeugen プライバシーの家具たち

宮廷家具博物館 Hofmobiliendepot Möbel Museum Wien では「プライバシーの証人たち:洗面台からバスルームまで」を9月21日から1月22日まで開催。

gekkan-wienHofmobiliendepot0239.jpg
PageTop

e.motion 馬セラピー10周年

ホース・セラピーEquotherapie の協会《e.motion》が今年で創立10周年を迎え、本拠地のオットー・ヴァーグナー病院の敷地でセラピー馬たちの紹介などが行なわれた。

gekkan-wienEMotion0154.jpg
PageTop

Setagaya-Park 誠心館道場お茶会

爽やかな初秋の青空の下、緑豊かな世田谷公園にて誠心館道場主催/東日本大震災被災者支援チャリティーシリーズ《勇気》協賛のお茶会が開催され、併設したチャリティー古本市の売上げとともに多くの寄付金が寄せられた(詳細10月号)。

gekkan-wienSeishinkandojo9837.jpg
PageTop

Hiroko Ueba ウエバ・ヒロコ

ウィーン在住の画家ウエバ・ヒロコ Hiroko Ueba さんたちのグループ展「SELECTED」が2区のギャラリー・ハルトマンで開催されている。9月24日まで。
Galerie Hartmann (Gredlerstrasse 2, 1020 Wien)
火曜~金曜14時~19時、土曜11時~16時
www.galerie-hartmann.at

gekkan-wienHirokoUeba033.jpg
PageTop

Belvedere ベルヴェデーレ上宮

マリアンナ・ガートナー(1963年カナダ生まれ)特別展「AN EYE FOR AN EYE」をベルヴェデーレ上宮で開催。9月15日から12月18日まで。同美術館が2007年から行なっている1年に2回の展覧会シリーズ「Intervention」の一環で、作品を一箇所にまとめて展示するのではなく、常設展示絵画の中に割り込む形で展示される特別展。
PageTop

Thomas Quasthoff キャンセル

シュターツオーパー広報部によると、同劇場で9月20日に予定されていたバスバリトン歌手トーマス・クヴァストフ Thomas Quasthoff のリーダー・アーベントが、病気を理由に中止になった。クヴァストフはしつこい咽頭炎にかかり、このため年内の歌手活動は控えるよう医師から言われ、年末までの演奏会は全てキャンセルするとエージェントがシュターツオーパー側に伝えた。
シュターツオーパーでは今シーズンから「ソリステン・コンサート」シリーズ(全6回)をもうけ、クヴァストフのコンサートはこのシリーズ第1回であった。

PageTop

青きドナウ

今日は久しぶりにドナウ川が青い。地下鉄U1「ドナウインゼル」にてウィーンの森方面を見る。

gekkan-wienDonau9792.jpg
PageTop

UNODC

国連薬物犯罪事務所UNODOC は「2011 Global ATS Assesment」を発表。エクスタシーやメタンフェタミンなどアンフェタミン・タイプの覚せい剤ATSが大麻に次ぎ世界で第2番目に広く使用されているドラッグであると報告した。

gekkan-wienUNODC9790.jpg

PageTop

満月の夜のグラーベン

今年のウィーンは夏が長い。午後9時半頃のグラーベンにて撮影。

gekkan-wienGraben9777.jpg
PageTop